ワンダフォー青汁
ホーム > 交際クラブ > 愛人募集、出会い系、掲示板なら東京の交際倶楽部です

愛人募集、出会い系、掲示板なら東京の交際倶楽部です

イタリアのオシャレオヤジを意識した、ちょいワルで若干ワイルドさの漂う、ムートンコートを買ってみた。若い女性とのデートにはファッションはとても重要なアイテムになるからである。その若い女性とは何処で出会うのかというと東京の交際倶楽部である。

そこで出会って素敵な恋をしてみようと思ったのである。

ただ、いきなりおしゃれしようと思っても浮いてしまったりうまいことコーディネートできなくては、逆効果になってしまう。そんなわけで、ワイルド過ぎない少しエレガントな要素もあるコートにしてみた。ワイルド過ぎないだとかエレガントだとかは、実際は売り場にいた店員に教えてもらったことである。素材を生かしたワイルド過ぎないムートンは、エレガントでちょっとリッチな雰囲気も漂わせてくれるとかなんとか。ここ数年忙しさなどにかまけて、私服は適当に買って済ませてしまったり、何年か前のものを着ていたりしたが、昔は、こう見えてもファッションにはこだわりがあった。一度手を抜いてしまうと、なんとなくそのままになってしまうが、一旦凝りだすとそれはそれで楽しいものである。今も外出は、スポーツジム以外はあまりしないのだが、それでも私服を買ったことによって逆に外にでたくなる衝動に駆られる。それで新しい服をきて、また買い物に行く。最近は、そんなことを繰り返している。オシャレなアウターを買えば、それに合うシャツや、セーター、ズボンなんかも欲しくなるものだ。

このリッチなムートンを着こなすために、今度はなにを買えばいいのか迷っているのだ。そうやって服のことなどで悩むのは、またまた楽しかったりする。ちょっとおしゃれをすると褒めてくれる人がいる。それも楽しさに拍車を掛けているのかもしれない。見てくれる人がいる。それが大切なことなんだと、最近は切実に思う。見られて、褒められる。それが、老化防止になるし、私をまだ男性でいさせてくれるのではないだろうか。